ホーム  >  売却査定と買取査定の違いについて







※近年、不動産の売却が長期化する傾向にある⁉




その理由は…

2016年より大手不動産仲介業者が一括査定に参入したため(すまいvalueスタート)




従来、【売却査定】で他社よりも高値を提示して専任媒介契約を取りに行く大手不動産仲介業者の営業手法が2016年以降主流になりました。
元々は高値で専任媒介を受託しても3ヶ月を目途に値下げして売れなければ【仲介買取】で買取業者に買わせていたものが一括査定の利用で容易に値下げ提案ができなくなり結果的に販売期間が長期化してきているのが実情です。
以上を踏まえると一括査定を利用した場合の【売却査定】結果については半年程度販売期間を要すると考えておいた方がいいかもしれません。

逆に早期の売却を目的とした査定としては【買取査定】が適切と言えます。
弊社におきましては大手不動産仲介業者とは異なり自社が買主となる【直買取】もしております。
もちろん弊社よりも高値が付く可能性もある【仲介買取】も対応しております。

【売却査定】【買取査定】【直買取】【仲介買取】すべての査定対応が可能となっておりますのでより詳細な不動産査定につきましてはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ