ホーム  >  気になる不動産関連ニュース記事まとめ  >  東京五輪・パラリンピック終了でいよいよ「マンション価格暴落」が始まるのか

東京五輪・パラリンピック終了でいよいよ「マンション価格暴落」が始まるのか
カテゴリ:気になる不動産関連ニュース記事まとめ  / 投稿日付:2021/09/14 09:28

東京五輪・パラリンピック終了でいよいよ「マンション価格暴落」が始まるのか

東京五輪・パラリンピック終了でいよいよ「マンション価格暴落」が始まるのか(櫻井 幸雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/4) (ismedia.jp)

数年前よりまことしやかにささやかれていたオリンピック後に新築マンションの供給過多で価格が下がると言っていたものがいよいよ分水嶺に差し掛かりました。
マンションの価格は大きく下がるのか?
マンションの価格は微減にとどまるのか?
マンションの価格は意に介せず下がらないのか?
マンションの価格は上がるということは考えにくいのか?

掲載記事では横ばいもしくは微減と言った見解でした。
大きく下がることは無いと考える要因として販売期間を長期に見据えてなかなか値段を下げない戦略にシフトしていることが上げられております
よくよく考えれば中古や土地などの仲介物件なども売りに出る物件の半数近くが長期に粘ってなるべく高く売れる可能性を模索する傾向にあるためある意味で納得できる見解だと思いました。

ページの上部へ